〒 990-0886 山形市嶋南2-7-3 ☎ 023-665-1551

インフルエンザ予防接種【令和元年度】

今シーズン(2019年-20年)のインフルエンザワクチン株について

以下の理由により,昨シーズンに引き続き、今シーズンもA型2種類,B型2種類の合計4種類(4価ワクチン)を用いることになりました.

 

■平成30年度インフルエンザワクチン製造株

A型株

・A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09

・A/Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)

B型株

・B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)

・B/Maryland(メリーランド)/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

 

■4価ワクチンの導入理由

近年、インフルエンザの流行は,A(H1N1)pdm09およびA(H3N2)に加えてB型である山形系統とビクトリア系統の混合流行が続いています.WHO(世界保健機構)は 2013年シーズンからB型については山形系統とビクトリア系統の2系統の両系統を含むワクチン株を推奨してます.また、米国においては2013年シーズンから4価ワクチンが製造承認され、世界の動向は4価ワクチンへと移行してきています.

これらの知見に基づき,わが国においても2015-16年シーズンよりA/H1N1pdm09、A/H3N2、に加えてB/山形系統およびB /ビクトリア系統の4価ワクチンを導入することになりました.今シーズンは、感染動向予測により、A/H1N1株を昨シーズンに使用されたA/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09からA/ Brisbane(ブリスベン)/02/2018(H1N1)pdm09に、A/H3N2株を、A/Singapore(シンガポール)/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)からA/ Kansas(カンザス)/14/2017(H3N2)に,変更されています.B型株に変更はありません。

 

 

インフルエンザ予防接種メインページに戻る

 

Copyright © 2014 Brain Clinic Tsumanuma. All rights reserved.