気になる症状頭痛
〒 990-0886 山形市嶋南2-7-3 ☎ 023-665-1551

気になる症状

頭痛

日本人の4人に1人は頭痛持ち!

医療機関を受診する理由で最も多い症状(主訴)で最も多いものは発熱と言われていますが,医者にかかるほどではないが気になる症状で最も多いのは頭痛ではないでしょうか.

日本人を対象に調査した大規模な調査の結果,日本人口約1億3千万人のうち約3千万人が頭痛持ちと推定されました.

 

善玉頭痛と悪玉頭痛

頭痛には,脳自体には特別な異常がない善玉頭痛(一次性頭痛)と,脳の病気が原因の悪玉頭痛(二次性頭痛)があります.

頭痛患者の約9割は一時性頭痛です.二次性頭痛は1割程度と少ないのですが,くも膜下出血や脳腫瘍など,命を脅かす頭の病気が原因であることがあります.

 

善玉頭痛(一次性頭痛)のあれこれ

片頭痛

頭の片側(両側のこともあります)の特にこめかみのあたりが脈打つようにズキズキ強く痛み,月1〜数回起こることが多い頭痛で,比較的急に症状が現れます.

吐き気・嘔吐を伴ったり,目の前にギザギザの閃光が見える(閃輝暗点)前兆があったりします.

頭痛が軽度の時は一般の鎮痛剤が有効なことがありますが,中等度〜高度になるとほとんど効かなくなります.トリプタン系薬剤などの特殊な薬による治療が必要となります.

 

緊張型頭痛

頭全体が重く締め付けられるような頭痛で,嘔吐や閃輝暗点を伴いませんが,肩こりを伴うことが多く,時にめまいも自覚します.

姿勢・ストレスなどによる頸部の筋肉の異常緊張より生ずると考えられています.最近では,脳幹の筋収縮抑制機構の欠如も原因の一つと考えられています.

通常の鎮痛剤・カフェイン・抗うつ剤・抗不安薬・筋弛緩剤などが有効な場合がありますが,肩こり体操などの非薬物治療がよく効く場合もあります.

 

群発頭痛

毎日のように1-2時間,片側の目の奥がえぐられるような激しい痛みを伴う頭痛で,飲酒により高率に発作が増強します.

トリプタン系の薬剤の投与や,酸素吸入などが症状の緩和に有効です.


命に関わりうる悪玉頭痛(二次性頭痛)

頭痛のほとんどが上記の善玉頭痛ですが,中には,脳の重要な病気の症状として生ずるものがあり,病気によっては,対応が遅れると命に関わったり,重篤な後遺症を残してしまったりすることがあります.

これらの病気を見逃さず,適切な治療に導くことこそ,脳神経外科クリニックの最も重要な使命の一つであると考えます.

 

クモ膜下出血

今まで経験したことのないような強い頭痛が突然出現して発病することが多く,ほとんどの場合脳の表面にある動脈のこぶ(脳動脈瘤)の破裂により起こります.嘔吐・血圧の上昇を伴ったり,意識がもうろうとしたり意識を失ったりする場合もあります.

 

脳腫瘍

脳腫瘍には良性の脳腫瘍と悪性の脳腫瘍があります.

良性脳腫瘍はゆっくりと大きくなるために,かなり大きくなるまで頭痛を伴わないことも少なくありません.頭痛はゆっくりと悪化してくることが多いのですが,水頭症(脳の中の水がたまったスペースが拡大)を合併したりすると急激に悪化することがあります

悪性腫瘍は腫瘍の周囲の脳にむくみ(浮腫)を伴い,急速に大きくなってくることが多いため,早期から症状が出現し,速いペースで悪化します.

 

椎骨動脈解離

脳幹部,小脳,大脳の一部に血液を送る椎骨動脈の壁が裂け,血管内の血液が血管の壁の中にたまってしまう病気です.

高度になると血管が細くなったり詰まったりして脳梗塞を起こしたり,血管の壁が破裂してクモ膜下出血を起こすことがあります.

いずれも程度によっては命に関わりますが,軽度の場合,善玉頭痛の緊張型頭痛と区別することが難しい場合があります.

 

悪玉頭痛が発病する前にできること

生活習慣の改善・生活習慣病の治療

クモ膜下出血の多くの原因である脳動脈瘤の発生を予防することはできません.

できてしまった脳動脈瘤が破裂する危険性を高める因子として,

①高血圧

②喫煙

③過度の飲酒

などがあげられています.

生活習慣を改善し,生活習慣病を治療しておくことにより,クモ膜下出血が発病する危険性を軽減することが期待されます.

 

脳ドック

脳動脈瘤が破裂する危険性は年間約1%程度と必ずしも高いものではありませんが,万が一破れた場合には生命の危機にさらされるクモ膜下出血になります.

あらかじめ脳動脈瘤の存在がわかっていれば開頭手術・血管内手術などにより,動脈瘤の破裂を未然に防ぐことができる場合があります.脳動脈瘤の存在を大まかに把握する手段の内,最も体に負担が少ない方法はMRIにより脳動脈を撮し出す方法(MRA)です.

また,症状の出てない初期の脳腫瘍も,MRIなどの画像診断法により見つかることがあり,早期治療に結びつく場合があります.

これらは,無症状の方に行う検査(脳ドック)になりますから,基本的には自由診療(自費診療)となります.また,未破裂脳動脈瘤が見つかり,手術を躊躇された患者さんが,動脈瘤がいつ破れるかわからない恐怖が常につきまとうためにうつ病になったりするケースもありますので,もし見つかっても治療を希望されない方は,検査を受ける前に慎重に考えていただきたいと思います.

 

悪玉頭痛が発病してしまったら...

脳神経外科専門施設での治療

クモ膜下出血,脳腫瘍により頭痛がきた場合,ほとんどの場合脳神経外科による外科的治療の対象となります.

椎骨動脈解離は,血管が細くなった場合には血液をサラサラにする薬(抗血小板剤)による治療が必要ですが,出血した場合には血管の中に管を入れ,コイルにより血管を閉塞してやる手術(血管内手術)や開頭手術が必要になる場合があります.

できるだけ早く脳神経外科専門施設を受診する必要があります.

 

Copyright © 2014 Brain Clinic Tsumanuma. All rights reserved.